openFrameworks on raspberrypi

raspberrypi上でopenFrameworksを動かすテストをした.
raspberrypi上でoFが動くと何かと便利なので良い.

環境

mac: OSX 10.11 El Capitan
raspi: rasbian 8.0

$cat /etc/debian_version
8.0

oF: 0.9.2

install

基本的には公式サイトの
http://openframeworks.jp/setup/raspberrypi/Raspberry-Pi-Getting-Started.html
を参考にすれば問題なくいけます.

ただし, 一部違う箇所があったので下記にメモ.

apt-getの準備

sudo apt-get clean
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

oFのdownload

公式の方法でcurlしたけどダウンロードでコケていた.
最新の0.9.2に数字を変えてもダメだったので, macで
http://openframeworks.jp/download/

>
linux armv6
download openFrameworks for linux armv6

からダウンロードして, scpすることにした.

macでダウンロードしたのはこれ.

of_v0.9.2_linuxarmv6l_release.tar.gz

それをmacから

mac$ scp of_v0.9.2_linuxarmv6l_release.tar.gz pi@raspberrypi.local:~/

でraspiにコピー.

展開してinstall

その後も一部だけ公式と違った.

cd
tar vxfz of_v0.9.2_linuxarmv6l_release.tar.gz -C openFrameworks --strip-components 1

cd /home/pi/openFrameworks/scripts/linux/debian
sudo ./install_dependencies.sh

make Release -C /home/pi/openFrameworks/libs/openFrameworksCompiled/project

installは1時間くらい? 途中で席を外してしまったので正確な時間は不明です.
2回くらいY(yes)する箇所があるのでご注意を.

これでinstall完了.

exampleを試す

cd /home/pi/openFrameworks/examples/graphics/polygonExample
make
make run

動画

こんな感じ.

自分のcodeを走らせる

以下の通り.
まだ試せてないけど多分これは大丈夫な気がする.

cp -R /home/pi/openFrameworks/examples/empty/emptyExample /home/pi/openFrameworks/apps/myApps/myRpiApp
cd /home/pi/openFrameworks/apps/myApps/myRpiApp
make
make run

最後に

raspberrypiでoFが動かせるのはホントにいいですね.
WiringPiとかを使うと直にGPIO pinが使えるらしいのでかなり楽しみ.
今回はそもそもoF on linux自体が初体験だったのでワクワクでした.