electromagnetic clock

電磁石のテスト.

high/lowで磁石化/非磁石化が可能
pwmで強度を変えられるかな?と思ったけど, 異音がするだけで実現できているか不明
モノによるのかも.

今回テストしたのはこれ:
http://amzn.asia/hWVdTOP
Chinese製で, 12Vで2.5kgまで支えられるとのこと.

code

コードはarduinoです.
かなり適当ですが

void setup(){
  pinMode(9, OUTPUT);
}

void loop(){
  digitalWrite(9, HIGH)
  delay(980);
  digitalWrite(9, LOW);
  delay(20);
}

という感じ. Relayとかと同じです.

配線

コレも単純.
arduinoからのhigh/lowを12Vでswtchingできるように
ダーリントン トランジスタ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-01877/
をかませただけ.

今回は遊びとして, 水を少し入れたペットボトルを付けた.
これはlowの間に少し下がるようにするため.
これで1秒ごとに電磁石が下がる時計ができる.

IMG_3948.jpg

result

動画:

移動量が思った以上に一定じゃないらしく, 調整が難しい.
まぁ動いてるのでよい.
電磁石は色々遊べそうでよいです.